空き家や不要になった家、相続した不動産などの扱いを考える

 

遺品整理や相続で大きな問題になりやすいのが不動産ではないでしょうか。
空き家になった家や不要になった部屋、相続した不動産などですね。

 

一番には相続問題が考え付きますが、社会問題となっているのが空き家や空き部屋などです。

 

今一人暮らしの年配者が増えており、その方々の住まわれていた家や部屋が空き家として増加しています。
多くが放置され、それらが老朽化して荒れて来たり防災の観点から危険性も増して来ているとのこと。
身内も持て余していて放置しているという現状もあるようです。

 

解体するにも多大な費用がかかり、放置されてる空き家の解体は行政が行っているという側面もあるようです。
もし遺品整理や生前整理、相続する不動産があるなら売却を検討するのも有効な選択肢ではないでしょうか。

 

あるいはリフォームなどして資産活用として賃貸に出すなども一考の手段です。
しかし売却が現実的な手段であるなら一括見積り査定も可能なので依頼してみると良いでしょう。
1社に依頼するより、売却額を比較して検討できますのでおすすめできます。

 

 

土地活用問い合わせ
【土地活用問い合わせ】 スマイスター土地活用無料一括お問い合わせ

 

 

不動産買取査定
【不動産売却一括査定】 スマイスター不動産売却

 

【不動産売却一括査定】 イエウール

 

【不動産売却一括査定】 O-uccino(オウチーノ)

 

【不動産売却一括査定】 トップ−マイスミEX

関連ページ

貴金属・アクセサリー類の査定と買取業者
遺品整理や生前整理などでアクセサリーや貴金属の査定や売却はどのように扱うのがよいでしょう。実は多く場合デザイン面での高額査定は難しいようです。しかし金・プラチナ・銀などの貴金属が使用されていれば高額買取が可能で、仏像や仏具などアクセサリー以外でも買い取られます。
着物・帯類などの査定鑑定と売却先
遺品整理や生前整理などで着物や帯などの和装に関するものは高価買取対象です。反物・袴・羽織・帯締めももちろん対象です。着物も留袖・振袖、訪問着など種類を問いません。結城紬や大島紬、牛首紬など有名な品になればなるほど買取り査定も高額になっていきます。
切手・コイン・記念硬貨・古銭などのコレクション
切手やコイン、記念硬貨、古銭は必ず買取査定や鑑定に出してください。これらは少し前であればもっとコレクターも多く普通に高値で取引されていましたが今は相場も安くなっているので侮ってしまうかもしれません。しかし中には超高額な売却額になるものもあるので要注意です。
ブランド品の時計やバッグ、小物などの買取先
ブランド品バッグ・時計・アクセサリー・貴金属や小物類の売却先は今や多数あり、どこの店舗に持ち込むかどこで査定や鑑定を依頼するか迷ってしまうくらいです。しかし店舗に持ち込む場合の労力や査定結果に満足いかない場合の持ち帰りを考えれば出張・宅配買取業者がおすすめです。
洋服類は買取業者への売却が可能なのか
洋服類はメーカーもブランド品から量販品までピンキリでデザインの移り変わりも激しいジャンルです。まだ年代ごとの好みも違ってくるので買取業者での査定も一概に言えません。ただ査定額が付かないものでも引き取ってくれる場合もあるので処分するつもりで出してみるのも手です。
毛皮は売却できるので忘れずに査定
整理や片付けで不要になった毛皮は高値での売却が可能です。デザインや流行遅れで持て余してしまいそうですが、動物保護などから希少性も増しており高額査定になるものも多数あります。シルバーフォックス、ミンク、チンチラやセーブル、ラビット類などの毛皮は忘れずに鑑定に。
プレミアムなお酒洋酒ほど高値が付くことも
売却が難しそうなお酒ですが買取り可能です。洋酒であればルイ13世とかヘネシーなどの高額なものからワインやシャンパン・スピリッツやリキュール類、中国酒など珍しい品物は特に高値で買取られます。思わず飲んでしまいそうですが高額で売ることが可能なので開封にご注意を。
骨董品は思わぬ高値で売却
骨董品は本物かどうかの判断も含め素人には査定鑑定は難しいだけに少しでもそれらしいものが見つかったら必ず鑑定してもらうようおすすめします。骨董品といっても様々な品物がありますが、掛け軸や壺、茶碗、絵画、刀剣や中国の骨董類も高額買取されますの鑑定してもらいましょう。
携帯やスマホ、家電、パソコンは中古ニーズで買取
使い道のなさそうな中古の携帯やスマホ、家電、パソコン類は、リサイクルニーズが高く売却が可能です。特に携帯・スマホは格安SIMやSIMフリースマホの普及により新品以外でも売買され多数の買取業者が買い取っています。機種により査定額には差がありますが廃棄しないで売りましょう。
マニアやコレクターの品物、ホビーの市場価値
マニアやコレクターが集めている物、ホビーは社会的な認知により市場が大きくなり様々なものが売買されています。人気ジャンルからニッチジャンルまで幅広くコレクションも多岐に渡ります。専門店もあればオークションなどで売買されているものありますが鑑定の価値はありです。
家具や大型な品々の価値と買取り
家具や大型なベッドなどは処分・廃棄に困るモノの代表ですね。処分するにも行政の粗大ゴミに出すにも大きく重く大変です。家具は美術的な価値のある古い民芸箪笥のようなもの需要があり買取り売却も可能なので、不要なものもすぐに判断せずに一度査定してもらうと良いかもしれません。
車・バイクは積極的に査定売却を
車やバイクは置いておくだけでも経費が必要ですし乗らないと品質も劣化していきますので使用しないのであれば処分してしまった方がいいです。中古車の需要も大きくなっており買取業者も多くなっています。査定の結果を比べて売却先を選べる一括買取査定などを利用すると便利です。
楽器・ピアノは買取査定対象で見積りを
楽器やピアノは弾けない人にとっては全く興味の持てないものですが廃棄・処分せずに売ってしまうのが得策です。中古ニーズも高いので買取業者も多数ありますが、ネットで申し込める一括査定などを利用すると複数の業者の買取金額を比較して売却先を選ぶこともできるので便利です。
ゴルフクラブ・釣具・カメラ、食器など趣味のモノ
ゴルフクラブや釣具、カメラ、食器など趣味に使用する道具やグッズは興味のない人にとっては邪魔ですが、好きな人にとっては欲しくてたまりません。中古市場でも活発に売買されており専門店も多くオークションでも取引されています。高値で売却可能なので買取査定をしてみてください。
書籍、CDやDVD・ゲーム・オーディオはここで処分
書籍、CDやDVD、ゲームなどは今は容易に売却できるようになり中古品の買取・販売ショップもいくつもあります。しかし大量のものを売ろうとすると重くて店舗への持ち込みは大変です。逆にDVDなどを再生するオーディオ機器の売却先はなかなかありません。これらはネットで売りましょう。
不用品の処分やすぐに廃棄できない品物の保管
遺品整理や遺産相続の片付けを一通りした後、不用品はできるだけ費用と手間をかけずに処分したいです。行政の粗大ゴミとして出せば格安な費用で済みますが運ぶ手間などを考える不用品回収業者を利用すると便利です。また一時的な保管もトランクルームを使えば便利です。